全てのゼミの活動を見る>>

進行中のゼミ

進行中のゼミ
The Believers ゼミ

HANDS TO WORK, HEARTS TO GOD. 手は仕事に、心は神に。18世紀後半、アメリカに渡り独自の生活を築いたシェーカー教徒たち。本ゼミでは、その姿を描いた歴史小説”The Believers”の翻訳を通して、人間の生き方について問う。

進行中のゼミ
千年村研究ゼミ

千年以上にわたって継続した、無名の集落〈千年村〉を見出し評価するプロジェクト。〈環境〉〈集落構造〉〈地域経営〉〈交通〉の4つの重なりあいから千年村のひみつを解き明かす。

進行中のゼミ
千年村計画ゼミ

地球の自律的活動によって地質基盤、そこへ人為によって上書きされた社会造形、両者のあいだに取りもつ具体的計画行為(デザイン)の三者によるすぐれた関係性(=Buildinghood)の構築可能性を理論・実践の双方で研究・発表することを目的とする。

進行中のゼミ
戦後空間ゼミ

「戦後空間」とは、日本の戦後の都市や建築、そのほか物理的実体のない制度や思想、言説の総体をくくり出す言葉である。戦後七十二年を経たいま、日本の戦後都市、建築、社会がめざした理念とビジョンを再検討し、未来へと継承すべき普遍的概念や課題を抽出する。

進行中のゼミ
住生活記録ゼミ

大正時代は住宅において日本人建築家が設計をはじめ、日本らしさを獲得した時代である。この時期の住宅をデザイン、構法といった側面から勉強を行い、住宅の建て方を学ぶ。

進行中のゼミ
ユートピアに関する勉強会

田園都市、シェーカー・コミューン、千年村、家。これらはすべて「ユートピア」の一例である。本勉強会では、多種多様な「ユートピア」の理解を助けるため、ウィリアム・モリス、パトリック・ゲデス、磯崎新らをはじめとする先人の「ユートピア」についての言説に触れ、その経験をもって他のゼミ活動の理解と方針決定に活かすことを目的とする。

進行中のゼミ
中谷研究室文献ゼミ

建築技術書の果たした史的役割を解明する。現在の建築生産の基本となった明治期に焦点をあて、『西洋家作雛形』と『Cottage Building』の読解を通して技術移転とその展開を追う。

アセテート

Outtakes
編集出版組織アセテート

珠玉の書籍を世に問いつつ、2014年休止符を打ったアセテート。価格が高騰していますが、主宰者の中谷研究室内に在庫あります。ご訪問いただくか、メールでお問い合わせください。


成果論文

 

>>2016

修士論文3本・卒業論文9本

>>2015

修士論文6本・卒業論文13本

>>2014

修士論文8本・卒業論文4本

>>2013

修士論文3本・卒業論文7本

>>2012

修士論文6本・卒業論文5本

>>2011

修士論文5本・卒業論文5本

>>2010

修士論文6本・卒業論文4本

>>2009

修士論文3本・卒業論文6本

>>2008

修士論文2本・卒業論文7本

>>2007

修士論文3本・卒業論文4本

 

過去のゼミ記録

>>記録表現手法の設計ゼミ

「柱間装置の文化誌ゼミ」を前身とし、映画制作におけるプロセス設計のノウハウを活かし、映画に限らず建築の様々な記録表現手法の可能性を考え、デザインし、実践を行う。

>>アドルフ・ロース翻訳出版ゼミ

近代建築運動黎明期を代表する建築家、アドルフ・ロース。彼の残した論考は160を超え、批評範囲は建築に留まらない。本ゼミはその全論考の邦訳および研究を行い、公刊する。

>>旧本庄商業銀行煉瓦倉庫PJ

埼玉県本庄市にのこる煉瓦倉庫の改修プロジェクト。実測や史料調査、それをふまえた改修設計、さらには予定されている歴史展示の企画まで、ながい時間をかけて取り組んでいる。

>>吉阪隆正研究ゼミ

吉阪隆正、U研究室は現在我々にとってどのような意味を持つのか。彼らの残した大量の図面、スケッチ等からその設計態勢の特質を研究する。

>>尖端アーカイブゼミ

写真、図面、書籍、論文、手紙…、様々な形態の資料を、適切に保存・公開するためにアーカイブズネットワーク構築を行うゼミ。重厚長大型ではなく、自律分散型をめざす。

>>『日本の民家』再訪ゼミ

今和次郎が訪ねた民家・集落調査地を、約90年後のいま再訪する旅。 民家研究の嚆矢となった柳田國男、佐藤功一による「白茅会」に敬意を払うキャラバン「瀝青会」(れきせいかい)は、今日も次の調査地に思いを馳せています。

>>家の根本義ゼミ

果たして「家」とは何か、どのような機能や象徴を包含しているのか。この不思議な空間の存在意義ならびに理由について、根底的な解読、解釈を試みる。

>>『Nature of Order』翻訳ゼミ

このゼミは、建築家クリストファー・アレグザンダーの未邦訳著書『THE NATURE OF ORDER』の翻訳作業を通して、常に時代をリードしてきた著者の最新の建築理論に迫ろうとするものである。

>>ワイルドバンチ研究所

都市の衰退あるいは災害(自然災害、人災)などによって放棄・破壊された地域を対象として、コミュニティに対する必要に応じたデザイン(プロジェクト)を提案します。

>>反・都市ゼミ

人は何故そこに住まい続けるのか。フィールドワークを通じて、居住環境に蓄積された「集落構造」を紐解くことで、都市と拮抗するコミュニティの形の有り様を探求する。?

OUTTAKES

>>千年村プロジェクト

>>編集出版組織アセテート

>>アドルフ・ロース研究出版ゼミ・未出版原稿

>>『国学・明治・建築家』2007 WEB公開

>>作庭書

>>建築史入門推薦本

>>中谷ゼミナール@大阪市立大学(1999-2007)

>>論文とは何か

>>『築道』プロジェクト

>>Bhopal2011

>>日直ブログ(2014-04更新終了)

>>授業ブログ(2012-12更新終了)

 

"Nakatani Seminar", Department of Architecture, Waseda University.  建築史、建築理論、歴史工学研究 Architectural History, Theory, Temporal Science for Architectual Expression