進行中のゼミ


旧渡邊甚吉邸研究プロジェクト

旧渡邊甚吉邸は、銀行員を営む14代渡邊甚吉氏の私邸として1934年に建てられた。日本では数少ない本格的なチューダー様式の建築であり、基本設計から細部設計に至るまで、当時の日本住宅建築の最高水準の経験、知見が投入されたこの建築は2017年に解体された。設計時のスケッチや解体時の記録等、貴重な資料を用いて甚吉邸を通し、日本、および英国の住宅建築への新たな視点を模索する。


烏有園ゼミ

After vicissitudes, architecture is doomed to disappear in the long history. However, records in literature can still remain existing because of its immateriality. Arcadia (烏有園) is a fictitious garden in a Chinese article in Ming Dynasty. Owing to such recordation, the spirit of the garden is not going to disappear. Based on this perspective, the fundamental research of this seminar will start from comparing the classic monographs, Sakuteiki (作庭 記) from Japan, and The Craft of Gardens(園冶) from China.


The Believers ゼミ

HANDS TO WORK, HEARTS TO GOD. 手は仕事に、心は神に。18世紀後半、アメリカに渡り独自の生活を築いたシェーカー教徒たち。本ゼミでは、その姿を描いた歴史小説”The Believers”の翻訳を通して、人間の生き方について問う。


千年村研究ゼミ

千年以上にわたって継続した、無名の集落〈千年村〉を見出し評価するプロジェクト。〈環境〉〈集落構造〉〈地域経営〉〈交通〉の4つの重なりあいから千年村のひみつを解き明かす。


戦後空間勉強会

「戦後空間」とは、日本の戦後の都市や建築、そのほか物理的実体のない制度や思想、言説の総体をくくり出す言葉である。戦後七十二年を経たいま、日本の戦後都市、建築、社会がめざした理念とビジョンを再検討し、未来へと継承すべき普遍的概念や課題を抽出する。


ユートピアに関する勉強会

田園都市、シェーカー・コミューン、千年村、家。これらはすべて「ユートピア」の一例である。本勉強会では、多種多様な「ユートピア」の理解を助けるため、ウィリアム・モリス、パトリック・ゲデス、磯崎新らをはじめとする先人の「ユートピア」についての言説に触れ、その経験をもって他のゼミ活動の理解と方針決定に活かすことを目的とする。


中谷研究室文献ゼミ

ヴィンセント・スカリー著の『The Single Style and the Stick Style』という英語文献の読解を通じ、近代のアメリカにおいて、様々な影響を反映しつつ発展していった住宅建築の様式の変遷を追う。